老眼は若くても発症する|予防対策をはじめよう

コンテンツ一覧

シニア女性

症状は誰にでも発生する

老眼は加齢に伴う眼の焦点調節機能の低下に拠って齎されるもので、そのメカニズムから誰にでも起こり得る症状です。症状を自覚する場合には対処が必要となり、基本的には老眼鏡の使用がその柱となります。近年は、若年層の症状自覚例も増えています。

婦人

生活に合わせて作る

40代ぐらになってくると、身体のいろいろな部分でガタが出てきます。特に老眼は多くの人が40代で経験するでしょう。なってしまった以上は仕方ありません。きちんと眼科医の確認のもと、老眼鏡を作成しましょう。

眼鏡

目の老化対策

小さな文字が見え難くなったと感じたら、老眼の始まりになります。老眼になったら、自分の生活に合った眼鏡を使用する必要があります。そのまま、我慢をしていると眼精疲労が溜まって、体調不良を引き起こす可能性があります。

めがね

高齢者は視力が低下します

老眼は人間ならだれでも発症する生理現象です。40代になると大抵の人は経験をするもので、老眼鏡を使って対処するしかありません。無理をして放置しておくと、眼精疲労による頭痛やめまいなどが起こるので、そうなる前に老眼鏡を使いましょう。

男性

基礎知識と初期症状

老眼とは目に起こる老化現象の一つで、現代ではスマートフォンやテレビによるスマホ老眼と呼ばれるものもあります。進行は少しずつで気づきにくいですが、初期段階で対策ができるように自身の体に意識をして早期発見をすることが大事です。

子供も起こる可能性

メガネ

親子でできる予防法を知る

老眼の状態は調節異常と呼ばれていて、目のレンズを意味する水晶体が老化して弾性が少なくなり、水晶体屈折力が増加しないことです。そのため、ピントを調節する機能が衰えてしまい近いものも遠いものも見えにくい状態になります。水晶体の老化という響きから、高齢にならないと老眼にはならないと考えている人も多くいます。しかし、実際は若い世代や子供まで老眼になる可能性があります。特に最近は携帯電話の普及により、目の筋肉を酷使してしまい、老眼になる人が増えています。これは、水晶体の老化が原因ではなく毛様体筋と呼ばれる筋肉が異常を起こすことで引き起こされます。こうした筋肉の異常が発生すると大人よりも子供の方が悪化しやすくなります。さらに悪化が進むとメガネなどで矯正しても視力が出ない弱視になる可能性もあります。近年の小児のほとんどがこの理由で弱視になっていると考えられています。このようなことを防ぐために親子で予防に取り組むことが大切です。方法としては、必ずテレビや携帯電話を見たあとは必ず目を休ませることです。遠くを見たり、数分でも目をつぶったりすることで目の疲れは多少なりとも癒えます。また、液晶を集中して見続けるとまばたきの回数も減っていくのでドライアイになりがちです。そのため、意識的にまばたきをする習慣をつけます。さらに可能であれば、休みの日でも良いので日頃から一緒に外に出て体を動かすような習慣をつけると良いです。外に出ることによって液晶などを見る機会は減っていきますし、親子の絆も深まるので良い面が多いです。