老眼は若くても発症する|予防対策をはじめよう

コンテンツ一覧

症状は誰にでも発生する

シニア女性

メカニズムとその対処

老眼は加齢に伴って、眼の組織の一部である水晶体の弾力性が失われて来る事に拠って起こる症状です。水晶体に拠る焦点の調節機能が円滑に働かなくなり、別に眼に関する問題を有していない場合においては近くの焦点だけが合い難くなるという、特異的な症状を示します。最も見え難くなるのがちょうど文字を読む際の距離と近しい為に、新聞や本の文字が見え難いという形で症状を自覚する事が多いです。一般に壮年期以降に症状を感じ易いとされますが、焦点の調整力の低下は殆どの人で20歳前後から始まります。その為、人によっては20代・30代で症状を自覚するケースも見られます。近年は画面を凝視する傾向を呼び易い電子機器が目覚しく発達した為か、全般に発症の自覚が低年齢化する傾向も見られます。また同じく一般論として近視の人は老眼に成り難いと言われる事がありますが、これは医学的に正しくありません。近視の場合はもともとの焦点が近くに寄り易い事から症状の自覚が遅く成りがちなだけであり、症状が進行すると近くも遠くも見難いという状況に陥る可能性があります。そしてこのように他の眼の症状の有無に関わらず老眼は発生するものであり、誰にでも起きて来る症状と言えます。その為、他の眼の症状と同様に症状に合わせた対処が必要となります。基本的には、近くのものを見る時に限って老眼鏡を活用するという方法を摂る事が多いです。他に問題が無い場合には、眼自体の酷使を避けつつ老眼のみに対処出来るのがその理由です。