老眼は若くても発症する|予防対策をはじめよう

コンテンツ一覧

基礎知識と初期症状

男性

初期段階での対策が必要

まず老眼とは目に起こる老化現象の一つで、年齢とともにピントを合わせる目の調節機能である水晶体の弾力が衰え、水晶体の厚みを変えることが難しくなる症状のことです。この水晶体の弾力が低下すると、近くを見るときに必要な調節が出来なくなってきます。また、年齢を重ねていなくてもこちらの症状が出る方もいます。スマートフォンやパソコン、テレビなどをよく見続けている方は普段から目を酷使しているので、水晶体の厚さの調節を行なう毛様体筋に負担がかかってしまい、衰えるので老眼と同じような症状が出てしまうのです。この症状はスマホ老眼と呼びます。これらの老眼の初期段階での対策をする上で、初期症状にはどのようなものがあるかを知ることが大切になります。老眼が始まっていると考えられる初期症状には、ピントが合うまでに時間がかかる、小さな文字は離した方が見やすい、夕方になると見えにくくなる等があります。一般的に40歳を過ぎれば老眼の症状が出始め、50歳程度になるとある程度はっきりと老眼の症状が出てきます。ただこれらの症状は少しずつ進行するためどこからが老眼なのか明確な基準はなく、感じ方には個人差があります。改善をするためには、普段から目の健康を保つ栄養を食事やサプリメントから補給したり、しっかり治療がしたい方はレーシック手術を行ったりすることも出来ます。ただ、レーシック手術はクリニックの口コミや体験談をよく読み、各々に合った場所を探すことが大事です。老眼を初期段階に発見し、改善するための行動が必要です。