老眼は若くても発症する|予防対策をはじめよう

コンテンツ一覧

目の老化対策

眼鏡

メガネの選び方

個人差はありますが、40歳を超えると眼の老化が始まり、老眼になってきます。老眼になると、小さな文字が読み難くなり、小説や新聞などを読むのが辛くなります。また、パソコンやスマホの文字も霞んだりします。老眼になったら、正しいメガネを使用する必要があります。老眼鏡を使用しないで、無理をして生活を送っていると、眼精疲労が溜まってきます。眼の疲れから、頭痛や肩こりなどの体調不良に繋がる可能性があります。近視の人は、老眼にならないと言われてもいますが、眼の老化には近視の人にも、現れてきます。近視の人は、元々、近くに眼のピントが合っているために老眼になったことが自覚し難いだけになります。小さな文字が見え難いなどの、自覚症状が出たら眼科で検査をしてもらうことが大切です。白内障などの他の病気で、眼が霞んで見えなくなってきている場合もあります。眼科で老眼と診断をされたら、眼鏡を使用する必要があります。眼鏡を選ぶときに、仕事や普段のライフスタイルに合った眼鏡を選ぶ必要があります。例えば、近視も有る場合、遠近両用眼鏡を選ぶのか、遠視用と近視用の両方の眼鏡を使い分けるのかを考える必要があります。仕事で、一日中パソコンを使用しているのであれば、遠近両用眼鏡よりも、眼鏡を使い分けるほうが、眼が疲れないで済みます。最近では、遠近両用のコンタクトレンズもあります。非常に便利ですが、馴れるのに時間が掛かると言われています。