老眼は若くても発症する|予防対策をはじめよう

コンテンツ一覧

高齢者は視力が低下します

めがね

だれでも掛かる目の病気

年齢を重ねると体のいろんなところで不具合や問題が生じてきてしまいます。ぎっくり腰や肥満、しわやしみなどは代表的なものですが、目の方でも問題が生じます。視力が低下するだけでなく、ピンと調整に時間が掛かるなど日常生活でも困るぐらいの症状も出てしまいます。年齢を重ねたことによる目の異常をまとめて老眼と言います。老眼では具体的にどんな症状があるのかというと、新聞や雑誌などを読んでいて近くの文字が読みにくいこと症状は多くの人が経験します。また、近くの文字を読んでいて遠くのテレビに目を移したときや、逆に遠くの風景を見ていて、近くの腕時計を見たときなどにピントが合いにくいこともあります。なぜこのような症状が出てしまうのかというと、目の中にある水晶体というものの働きが加齢によって低下してしまうことが原因です。水晶体はカメラで例えるとレンズと同じ働きをしますが、加齢によって固くなっていくことが知られています。固くなった水晶体は近くのものを見るためには不利でピント調整が出来ないという症状に現れてきます。老眼は早い人では30代から始まるのですが、大抵の人は40代になると必ず発症します。老眼は人間の生理現象で、白髪と同じだれでも通過する病気なのです。そのため、避けることは出来ず、また治療も出来ないというやっかいな問題です。対処として老眼鏡を使うしかないのが現状です。老眼鏡が面倒くさいと言って、使わないで日常生活を送る人もいますがこれはあまり良くないことです。なぜなら、老眼鏡を使わないと目に眼精疲労が溜まって、吐き気や頭痛など2次症状が発症することがあるからです。